巨人戦「神田祭 デー」

2019年05月11日 10:30

4月28日(日)、東京ドームでの「巨人 vs 横浜DeNA」戦では、「神田祭デー」として開催されました。

試合当日は、「神田祭グッズ」が抽選で200人に当たるラッキーカードを、先着2万人に配布され、七回裏終了後に大型ビジョンで当選番号が発表されました。

ラッキーカードの当選者には、「みこしーTシャツ」がプレゼントされました。

image_mikoshiT-shirts

banner_bunka-sai

東大手ビル前

2019年05月11日 10:23

内神田鎌倉町にある東大手ビルにて、将門塚保存会 平野徳子会長によります献饌が執り行われました。
平野徳子氏は前将門塚保存会会長の遠藤達藏氏のご令嬢でもあります。

牛若丸の山車が新調されました。

これから、将門塚に向かいます。

東大手ビル前

東大手ビル前

banner_bunka-sai

神田錦町二丁目

2019年05月11日 10:14

山田信三氏子総代によります献饌が執り行われました。

この周辺は江戸時代に、武家屋敷が多く立ち並んでいた地域でした。「天下のご意見番」として講談や時代劇でおなじみの大久保彦左衛門忠教も、寛永の頃、このあたりに住んでいたと伝わっています。

神田錦町二丁目

神田錦町二丁目

banner_bunka-sai

錦町河岸交差点

2019年05月11日 09:58

錦町河岸交差点のヒロセビル前で、廣瀬元夫氏子総代によります本日初となる献饌が行われました。

氏子総代は明治14年頃に内務省(今の総務省に近い省)により制定され、衆望ある町の人士から選ばれました。

綿町河岸交差点

綿町河岸交差点

banner_bunka-sai

神田すずらん通り

2019年05月11日 09:46

神幸祭の行列は、世界一の古書店街「神田神保町」を通過し、現在はすずらん通りを通過中です。

神保町は明治初頭に多くの大学が設立されたことに伴い、本屋が続々と集まっていき、今では世界最大の書店街となりました。

さらに、この街には古本屋だけではなく、すずらん通りという石畳の商店街があります。
すずらん通りでは、グルメや専門店などたくさんの魅力があふれています。

実際に街に訪れ、ゆっくりと歩いてほしい町のひとつです。

神田すずらん通り

神田すずらん通り

banner_bunka-sai

猿楽町内一丁目

2019年05月11日 09:25

現在、行列は猿楽町を巡行中です。

猿楽町には明治11年に夏目漱石がかつて学んだ錦華小学校がありました。
錦華小学校は、1993年4月に小川小学校・西神田小学校と併合し、現在は千代田区立お茶の水小学校になりました。

猿楽町内一丁目

猿楽町内一丁目

banner_bunka-sai

小川町

2019年05月11日 09:12

神幸祭の行列は淡路町交差点を右に曲がり、靖国通りを巡行しています。

神田小川町から駿河台下に通 じる靖国通りに、スポーツ店が集積し始めたのは、第2次大戦後からといわれています。

現在のミズノ・ミナミ・ヴィクトリアを中心にして、半径500メートル以内に、スポーツ店が約50店舗近く集まり、現在のような世界でも類をみない「スポーツ店のメッカ」となりました。
 1995年3月に小川町から駿河台下の主に靖国通りに位置する約60店舗が「神田スポーツ店連絡協議会」をつくり、同時に1995年から毎年10月に「神田スポーツ祭り」を企画し、街を挙げて魅力のあるスポーツ街づくりへの取り組みを継続しております。

日本有数のスポーツ用品店街を通り、猿楽町へ向かいます。

小川町

小川町

banner_bunka-sai

文化-SAI

2019年05月11日 09:11

いよいよ、鳳輦と神輿を中心とした数千人規模の大行列が、神田~日本橋~大手丸の内~秋葉原を巡行する「神幸祭」がスタートしました。

株式会社ゼンリン様が実施する「文化-SAI」では、神幸祭/附け祭が、今、どこを巡行しているのか、リアルタイムに地図上で表示しております。

banner_bunka-sai

昌平橋

2019年05月11日 08:55

神幸祭行列は神田明神を出発昌平橋を通過中です。

東京の中心、108の氏子町会を巡る長い道のりがいよいよ始まりました!!

昌平橋

昌平橋

banner_bunka-sai

神幸祭行列出発

2019年05月11日 08:40

行列が神田明神を出発しました!

鳶頭衆による木遣りの高らかな声を先頭に、三基の鳳輦・神輿、諌鼓山車、獅子頭山車をはじめとした1000名近い大行列が続々と明神坂鳥居前を通過中です。

これより、約30キロにわたる東京都心の氏子町会(神田、日本橋、秋葉原、大手・丸の内)を巡行がスタートします。

発輦 出発

発輦 出発

banner_bunka-sai

巨人戦「神田祭 デー」 2019.05.11

4月28日(日)、東京ドームでの「巨人 vs 横浜DeNA」戦では、「神田祭デー」として開催されました。 試合当日は、「 ...

東大手ビル前 2019.05.11

内神田鎌倉町にある東大手ビルにて、将門塚保存会 平野徳子会長によります献饌が執り行われました。 平野徳子氏は前将門塚保存 ...

神田錦町二丁目 2019.05.11

山田信三氏子総代によります献饌が執り行われました。 この周辺は江戸時代に、武家屋敷が多く立ち並んでいた地域でした。「天下 ...

錦町河岸交差点 2019.05.11

錦町河岸交差点のヒロセビル前で、廣瀬元夫氏子総代によります本日初となる献饌が行われました。 氏子総代は明治14年頃に内務 ...

神田すずらん通り 2019.05.11

神幸祭の行列は、世界一の古書店街「神田神保町」を通過し、現在はすずらん通りを通過中です。 神保町は明治初頭に多くの大学が ...

猿楽町内一丁目 2019.05.11

現在、行列は猿楽町を巡行中です。 猿楽町には明治11年に夏目漱石がかつて学んだ錦華小学校がありました。 錦華小学校は、1 ...

小川町 2019.05.11

神幸祭の行列は淡路町交差点を右に曲がり、靖国通りを巡行しています。 神田小川町から駿河台下に通 じる靖国通りに、スポーツ ...

文化-SAI 2019.05.11

いよいよ、鳳輦と神輿を中心とした数千人規模の大行列が、神田~日本橋~大手丸の内~秋葉原を巡行する「神幸祭」がスタートしま ...

昌平橋 2019.05.11

神幸祭行列は神田明神を出発昌平橋を通過中です。 東京の中心、108の氏子町会を巡る長い道のりがいよいよ始まりました!! ...

神幸祭行列出発 2019.05.11

行列が神田明神を出発しました! 鳶頭衆による木遣りの高らかな声を先頭に、三基の鳳輦・神輿、諌鼓山車、獅子頭山車をはじめと ...