インターネットTV 全ての放送終了

中神田十三ヶ町連合 淡路町二丁目町会

17.05.14

【町会の特徴】

江戸時代、この界隈は、武家屋敷が立ち並ぶ地域でした。

永井信濃守の屋敷が松平伊豆守の屋敷となり、のちに若狭小浜藩酒井家の上屋敷となりました。

明治5年(1872)、ここに神田淡路町二丁目という名前が正式に付けられました。

町名の由来とされる淡路坂は、鈴木淡路守の屋敷があったためと言われています。

明治初期、現在の淡路公園の場所に、明治後期の日本を代表する知識人を輩出した共立学校(後の開成学園)が創設されました。ここでは正岡 子規や南方 熊楠などが学びました。

また町内には一時期、『たけくらべ』などで知られる女流作家で、歌人でもあった樋口 一葉も住んでいました。

淡路町は文化の町となり、その新進の気風は町並みにも表れていました。

大正末期から昭和初期にかけては、昌平橋近くに活動常設館(映画館)の名門である神田シネマパレスがあり、多くの人で賑わっていました。

町会の該当区域は淡路町二丁目1〜29番地までの奇数番地となっています。

【神輿の特徴】

淡路町二丁目町会の神輿は、昭和52年の宮本重義の手によるものです。神田明神氏子町会のどこにも負けないような担ぎをします。

IMG_1795

IMG_1799

IMG_1802