インターネットTV 全ての放送終了

中神田十三ヶ町連合 須田町一丁目南部町会

17.05.14

【町会の特徴】

江戸時代の須田町は、現在の神田須田町一丁目とほぼ同じ範囲でした。

江戸期の町内には、菓子屋や薬屋、塩や油を扱う問屋、神具や仏具を売る店など、さまざまな商品を扱う店があったと言われています。

現在の町内にも、東京都選定の歴史的建造物に指定されるような老舗の商店が数多く営業しています。

かつて、須田町交差点の一角で、銀座線の入口近くには「立花亭」という寄席がありました。

この寄席は震災では焼けましたが、戦災はまぬがれて、昭和29年に幕をおろすまで、書物にもよく取り上げられるほどの東京でも有数の寄席の一つでした。

町会の該当区域は須田町一丁目5・7番地及び16〜34番地までの偶数番地となっています。

【神輿の特徴】

須田町一丁目南部町会の神輿の大きさは他の町会と比べると小ぶりですが、彫刻の手の凝りようではどこにも負けないと思います。当町内には、老人病院があり、病院前で神輿を練るときは入院患者のご老人の方々をはじめ、病院スタッフにも大変喜ばれています。

IMG_1805

IMG_1807

IMG_1809