インターネットTV 全ての放送終了

岩本町・東神田地区連合 東神田豊島町会

17.05.14

【町会の特徴】

東神田豊島町は、かつて豊島町と呼ばれていました。

豊島という町名の由来は、町奉行が「この一帯が属している豊島郡には豊島村という地名がすでにあるが、それとは別に豊島町という町名があってもいいだろう」として名付けられたという説があります。

江戸時代、このあたりには「比丘尼横丁」や、髪油として美男葛の油を売る店もあったことから俗に「桂横丁」と呼ばれた通りもありました。

そのほか、銘茶屋、菓子屋、水油仲買等がありました。

明治になると、旅館、砂糖商等が集まり、大変賑わっていました。

その賑わいが現在にも続いていて、大変活気のある町会となっています。

当町会の該当区域は、東神田一丁目6〜11番地、東神田二丁目1〜7番地、岩本町三丁目6番地8〜13号、14号の一部、11番1・2・3号の一部となっています。

【神輿の特徴】

当町会の神輿は浅子 周慶によって造られました。

台座2尺9寸となっています。

濃緑色加工を施した渋めの大鳥(鳳凰)に特徴があります。

総勢300名の担ぎ手により宮入を行います。

IMG_1685

IMG_1687

IMG_1690