インターネットTV 全ての放送終了

岩本町・東神田地区連合 神田大和町会・岩井会

17.05.14

【町会の特徴】

この地が「大和町」と呼ばれるようになったのは、享保年間(1716〜1736)の頃です。

内神田にあった大和町の人々が移ってきたため、大和町代地となりました。

幕末のころには、この町から隣の東竜閑町にかけて、駄菓子問屋が数百軒ほどが軒をつらね、ずいぶん賑わっていたと言われています。

またここには、蝋燭や、べっこう細工、箪笥などをつくる職人も多く住んでいました。

明治2年(1869)、大和町代地は合併して、神田大和町となりました。

明治44年(1911)に町名は大和町と変わりますが、昭和22年、神田区と麹町区が合併し千代田区になると、ふたたび神田大和町に戻ります。

そして昭和40年、住居表示の実施により周辺の町の一部と合併して岩本町二丁目になりました。

町会の該当区域は、岩本町二丁目13〜17番地、19番地となっています。

【神輿の特徴】

神田大和町会の神輿は、昭和13年に浅草、宮本 重義により作られました。

台座2尺、唐破風屋根、金梨地塗り、二重勾欄神輿。屋根裏以下総白木造りで、塗り神輿に比べ、大変に凝った彫刻を数多く施しています。

戦災も乗り越え神田でも数少ない貴重な神輿です。町内一丸となって宮入れを行います。

IMG_7269

IMG_7272